ミセスコース作品紹介

ミセスコース生徒さんの声

「縫い上げました!」

週1回、2月から5月の4ヶ月間で袷着二枚を縫い上げ達成感で嬉しくて出た言葉。
2003年に藤工房和裁教室に入れていただいて今年7年目になります。
和裁のことも何もわからなく「かんたんや」と思ったのですが、これが一番難しい。
和裁は日本伝統的なもの、四季折々に着るように考え発展してきたもの、
奥深く、まだまだ先生がいないと不安ですがこのところ楽しくて。
今年63歳になり覚えが悪くなっている私にもやさしく無理なく教えてくださるので
雨が降っても雪が降っても藤工房教室に足が向きます。

京都校 篠宮正子




    
京都校
中江千栄子さん

紗夏物コート